任意売却のメリット・デメリット



住宅ローンを延滞すると、自宅は競売になります。それを避ける選択肢が任意売却です。
任意売却には、メリットとデメリットががありますが、債務者のデメリットはほとんどありません。

任意売却のメリット


高い価格での売却が可能になる

任意売却では、競売よりも30%程度は高く売却できるため、当然ですが残債務は少なくなりローンの負担は減ります。

売却費用などを債権者が負担する

任意売却は、競売よりも回収額が大きくなるため、債権者は仲介手数料やマンションの管理費・修繕積立金の滞納金、それに引越料などの売却費用を負担できます。

引越し時期などを柔軟に決められる

競売では、債務者の事情が考慮されないため転居時期などで苦労します。しかし任意売却の場合は、
こうした問題も債権者との話し合いで柔軟に対処できます。


売却の事情を近隣に知られない

任意売却の販売方法は、一般の物件の場合と変わりませんから売却事情などを近隣に知られることがありません。競売では物件情報が公開されます。
 

生活再建に繋げることが可能になる

生活再建の
ためには、自宅を高値で売却してローン残を減らし、債権者との話し合いで最小限の分割返済にする必要がありますが、任意売却はそれを可能にします。

任意売却のデメリット

競売は、裁判所が自宅を売却するのですから債務者は何もする必要がありません。これに対し、任意売却は、自分で売却する面倒さはありますがデメリットはこの程度です。

他方、債権者にとって競売は、回収額が少なくなるうえに時間もかかるなど、デメリットが大きいです。このため競売は避けたいのですが、債務者の協力がなければ任意売却はできません。

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜・祝日 ※お急ぎの場合は対応できます。