任意売却と競売

 

任意売却とは、住宅ローンなどの返済が困難な場合に、債権者(担保権者)との合意で担保権を解除し、自宅を売却することです。主として競売の回避と、ローン負担の軽減を目的に行われます。

自宅を競売にしたくない、返済が厳しいので売却したいと思っても、ローンが残っている限り債権者は担保権を解除しません。債権保全のための担保権ですから当然ではあります。

担保権が付いた物件でも売却はできますが、いわば借金の付いてくる物件ですから買う人がいません。そのため担保権の解除が必要になるのです。これが任意売却(任意売買)です。

他方でローンを延滞すると、ご承知のように自宅は競売になってしまいます。しかし競売は、精神的ダメージを与えるだけでなく、ローンを多く残すことになるなど大きなデメリットがあります。このため任意売却が行われるのです。

メリットの多い任意売却

任意売却は、債務者にとって次のようなメリットがありますが、デメリットはほとんどありません。

競売より高く売却できるためローン残を減らせる。
売却費用や引越料などを債権者が負担する。
引越しや明渡し時期などで柔軟な対応ができる。

なぜ任意売却なのか

メリットの大きい任意売却ですが、「債権者と接するのが煩わしい」などの理由で競売にする人がいます。その気持ちは理解できますが問題は、競売になった後です。

競売には、たしかに債権者と接する煩わしさはあありません。しかし、自宅を処分しただけで住宅ローンの問題が解決するわけではないのです。なぜなら、債務者は競売の場合、多額のローンを抱えながらの生活再建を強いられることになるからです。これからの生活再建のためには、自宅をできるだけ高値で売却してローンを減らし、残ったローンを債権者と話合い無理のない返済にすることが欠かせません。それを可能にするのが任売売却です。競売でなく任意売却を選択する理由が、ここにあります。

繰り返しになりますが、住宅ローンの返済が困難になったら、競売でなく任意売却を選択しなければなりません。

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜・祝日 ※お急ぎの場合は対応できます。