行政書士安瀬英機の任意売却

 

住宅ローンを延滞しているが自宅を競売にしたくない、ローンの返済が厳しいので売却したいと思っても、ローンが残っている限り債権者は担保権を解除しません。

債権保全のための担保権ですから、債権者にとってはいうまでもないでしょう。

もちろん、担保権が付いていても売却ができないわけではありませんが、借金の付いてくる物件では買う人がいません。このため売却にはどうしても担保権の解除が必要になるのです。これが任意売却(任意売買)です。

他方でローンを延滞すると、自宅の競売は避けられません。債権者にとって競売は、最終的な債権回収の最終手段になるからです。しかし競売は、債務者には精神的ダメージが大きいだけでなく、ローンを多く残すことになるなどのデメリットがあります。

メリットの多い任意売却

任意売却は、債務者にとって次のようなメリットがありますが、デメリットはほとんどありません。

競売より高く売却できるためローン残を減らせる。
売却費用や引越料などを債権者が負担する。
引越しや明渡し時期などで柔軟な対応ができる。

なぜ、任意売却なのか

メリットの大きい任意売却ですが、「債権者と接するのが煩わしい」などの理由で競売にしてしまう人がいます。気持ちは理解できなくはありませんが問題は、競売になった後です。

競売には、たしかに債権者と接するという煩わしさはありません。しかし、現在の不動産の売却価格では、自宅を処分しても住宅ローンは解消しません。その結果、競売になると債務者は、多額のローンを抱えながらの生活を強いられることになってしまうのです。生活再建のためには、自宅をできるだけ高値で売却してローンを減らし、残ったローンを債権者と話合いで無理のない返済にすることが欠かせません。それを可能にするのが任売売却です。競売でなく任意売却を選択する理由が、ここにあります。

繰り返しになりますが、住宅ローンの返済が困難になったら、競売でなく任意売却を選択しなければなりません。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

042-674-5390

受付時間 9:00~20:00             土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00 土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

全国対応もをできます。