任意売却前に注意しておくこと

任意売却を考えている人は、以下のような点に注意する必要があります。対応を誤ると任意売却が難しくなってきます。
 

一部の債権者だけに返済する

他の債権者を差し置いて、一部の債権者だけに返済している人がいますが、これはいけません。

債権者に対する思いはいろいろありますから気持は分かります。しかし不公平な対応を受けた債権者は担保権の解除に協力してくれませんこれではこれでは

税金や社会保険料を滞納する

税金や社会保険料を延滞すると、延滞金が加算されるるだけでなく、自宅を差押えられることにもなります。

差押えられた物件は、それを解除しなければ売却できませんが、そのためには延滞税の全額納付が必要になってきますから大変です。

任意売却の決断が遅くなる

住宅ローンを延滞すると、競売が避けられなくなります。そうならないよう任意売却の決断は早めにしなければなりません。

競売に入っても任意売却はできますが、売却の時間が限られるなどのリスクをともなうことになります。任意売却は、競売に入る前に終らせることが肝要です。


手持金を返済に回してしまう

債権者との関係や強い請求に耐えられず、手持金をすべて返済に回している人がいますが、これでは任意売却が難しくなります。
 

任意売却の売却費用は債権者が負担しますが、売却価格などの条件によっては全額負担にならない場合があります。そのためもある程度の手持金は残しておく必要があるのです。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

042-674-5390

受付時間 9:00~20:00             土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00 土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

全国対応もをできます。