任意売却前の留意点

任意売却をするには、債権者(担保権者)の売却承認が不可欠ですし、売却費用が必要な場合もでてきます。このため任意売却を考えている方は、以下のような点に留意しておかなければなりません。

一部の債権者だけに返済する

特定の債権者だけに返済していると、他の債権者は任意売却に応じません。債権の返済は、平等にしなければならないのです。債権者に対する思いや事情はそれぞれでしょうが、返済ができないのであれば、返済はすべてストップしなければなりません。

税金や社会保険料を滞納する

税金などを滞納して自宅を差押えられると、差押えを解除しない限り売却でません。しかし解除には、延滞税の納付が求められますから任意売却は困難になってしまいます。分割納税を相談するなど納税の意思と行動で差押えを避けなければなりません。

任意売却の決断が遅くなる

住宅ローンの延滞が続くと、債権者は競売手続に入らざるをえなくなります。しかし、競売が開始されてしまうと、任意売却をする時間は限られるるうえに、債権者は簡単に売却に応じなくなります。その結果、任意売却は難しくなり競売で終るリスクが高くなります。早めの決断が求められます。

手持金を返済に回してしまう

任意売却の費用は、債権者が負担することになりますが、全額というのは現実には難しいですから、ある程度の手持金は残しておく必要があります。しかし、任意売却者の中には、債権者とのこれまでの関係や強い請求に耐えられず、手持金をすべて返済に回している方がいます。これでは任意売却は難しくなります。

 

 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜・祝日 ※お急ぎの場合は対応できます。