任意売却の売却価格の決定者

任意売却の売却価格を決めるのは、いうまでもなく物件の所有権者である売主です。ただ任意売却の場合、一般の売却とは違った特殊な事情があるため、売主の考えで価格を決めても売却できません。事情があるため、売主だけの考えで売却価格を決めても売却きませ

任意売却の売却には、次のような特殊事情があります。

売却期間が限られている

債権者は、回収業務にあまり時間をかけられないため、任意売却にかける時間を制限せざるをえません。住宅金融支援機構も6か月で売却できなければ競売手続きに入ります。ただし、競売の開札日までは任意売却に応じています。


現状で売却せざるをえない


一般の売却の場合は、少しでも高い価格で売るためにリフォームをするのが一般です。しかし任意売却の場合、そのような余裕はありませんから、状態がどうであっても現状で売却する他ありません。

欠陥があっても補てんできない

物件に欠陥があった場合、売主はそれを補てんしなければなりません。しかし任意売却では売主にそれを負担する資力がありませんから、その点も考えて価格を決めざるをえません。

最後は、市場がきめる決めることに

このような特殊事情に加え、任意売却の場合には債権者の存在があります。債権者の売却承認が条件の任意売却ですから、その意味では債権者こそが価格の決定者ということになります。

しかし債権者だからといって、高い価格を望むあまり売却ができなくなっては債権回収になりません。

そうなると、結局のところ価格を決めるのは、売主、買主、債権者の⒊者が受け入れ可能な市場の価格に委ねざるをえません。つまり、最終的な価格の決定者は市場であり、これは任意売却であっても、一般の売却であっても変わらないのです。

以上から、よく耳にする任意売却物件は「安く買えるとか」「やすく売られてしまう」といった話も正しくないことがわかるかと思います。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

042-674-5390

受付時間 9:00~20:00             土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00 土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

全国対応もをできます。