任意売却で自宅に住み続ける

自宅を売却してもそのまま住み続けられないか、という相談がありますのでいくつかの方法を紹介します。ただし、どの方法も実現のハードルは高いですから、よく考えて対応しなければなりません。 

親子での任意売却

親子間で売買して住み続けるという方法です。最も多い方法ですが住宅ローンの利用ができないという問題があります。ノンバンクであれば特に問題はありませんが金利や手数料が高いのが難点です。

協力者との任意売却

知人などの協力者に売却した形にして住み続け、後で買い戻すという方法です。しかし協力したい気持ちはあっても、いろんな事情からそこまできる人はなかなかいないのが現実です。

業者との任意売却

自宅を業者が買上げてもらい、一定の期間賃借した後で買い戻す方法(リースバックといわれます。)です。しかしこの場合、売却価格が低くなるため容易に債権者の承認がえられません。それに賃料(リース料)の負担が大きいです。このため仮に任意売却ができても、賃料の支払いが続かなかったり、買戻す資金が調達できないということでは売却の意味がありません。

競売で落札する方法

競売で落札して住み続けるという方法もあります。債務者本人は落札できませんが、協力者がいれば可能です。ただ入札ですから確実に落札できる保証はありません。それに競売物件の場合、住宅ローンの利用が難しいです。

民事再生法の特則を使う方法

民事再生法の特則を使って自宅を残すという方法です。この特則を使うと無担保債務も8割カットできます。しかし住宅ローンの返済継続が前提ですし、カットされる無担保債務も5年内の返済が条件ですから、容易ではありません。

 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜・祝日 ※お急ぎの場合は対応できます。