自己破産前に任意売却するメリットはあるか?

自己破産をすれば、自宅は裁判所が処分してくれるのだから、わざわざ任意売却する意味がないという人がいます。


確かに、その通りではあるのですが、それでは自宅が処分されるだけで、債務者にメリットは残りません。しかし、自己破産前に任意売却をすると、債務者は多くのメリットをえられるのです。

自己破産には、同時廃止事件と管財事件がありますが、自宅がある場合は原則、後者になります。管財事件では50万円以上の予納金を裁判所に納めるることになります。というのも、管財人の報酬などを予納金から支払うことになるからです。

これに対して、資産がない場合の同時廃止事件になると3万円程度の費用で手続かできます。任意売却で自宅を売却すると資産がなくなりますから、同時廃止事件になる可能性が大きくなるからです。つまり、任意売却をすることで自己破産の裁判費用が少なくすむのです。それに免責までの期間も短くなってきます。

自己破産前に任意売却をするメリットは、裁判所の費用だけではありません。例えば、同時廃止事件の場合の代理人の報酬は管財事件の場合より20万円は安くなります。それに任意売却では引越代などの一定額を債権者が負担してくれますから助かります。

手持金がないために自己破産がでない人は、自己破産前の任意売却を検討する必要があります。当事務者は、自己破産を前提とする場合は、弁護士と連携しながら任意売却を進めます。

 

自己破産前の任意売却」については、こちらをクリック

 

 

 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜・祝日 ※お急ぎの場合は対応できます。