引越しはいつまでにすればよいか?

任意売却の場合の引越しも、一般の売却と同様、売却代金の決済日までにするのが原則です。

原則はそうですが、仲介業者としては早く引越してくれれば、内見者の案内がしやすくなり、室内の印象もよくなりますから営業がしやすくなります。そのため、できるだけ早く引っ越してもらいたいというのが本音です。

しかし、売主としては、引越しの費用、子どもの学校、仕事など多くの問題があり、早ければよいということにはなりません。

それに、引越しをすれば当然ですが、転居先の家賃が発生しますし、引越料も必要になります。

任意売却には結構時間がかかります。それに、物件を空家状態にしてしまうと、債権者によっては引越代を負担しないという問題も出てきます。

このため、引越しをいつにするかは、いろんな事情を考えたうえで判断する必要があります。

ある依頼者は、内見者を気にしてすぐに引越したのですが、家賃負担が重くなりアパートの契約を解除して、自宅に戻ってしまいました。任意売却は時間もかかるのですから、できるだけ費用かからない引越しを考えなければなりません。厳しい状況にあるのですから無理は禁物です。

 

 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜・祝日 ※お急ぎの場合は対応できます。