競売に入っても任意売却ができるか?

競売手続に入っても、開札(入札)は5~6月先ですから任意売却は十分に可能です。

競売手続を進める債権者の考えは、必ずしも同じではありません。

競売手続きを進める一方で、任意売却にも対応する債権者がいますし、住宅金融支援機構などは6か月で任意売却ができなければ、競売手続きに入ります。

このように競売に対する考えに差はありますが、開札前であれば任意売却に応じる点で債権者に違いはありません。

債権者には、できれば任意売却でより多くの債権を回収したいという思いがあるからです。ただ他方で、債権回収に際限なく時間はかけられないため競売で区切りをつけざるををえないのです。

競売手続きに入ると、任意売却は競売との時間勝負になってきますが、売却が先行すれば競売は取下げになるのですから問題はありません。

ただ、競売開始後の任意売却にはリスクがともないます。例えば、開札期間(開札日の1週間前)に入ると、債権者が取下げに応じなくなったり、裁判所の物件評価額が想定外の高い価格になったりすると、売却が難しくなり時間切れで競売で終ってしまいます。

こうしたリスクを避けるためにも、任意売却は早めに進めることが肝心です。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

042-674-5390

受付時間 9:00~20:00             土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番2-406

受付時間

9:00~20:00 土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

全国対応もをできます。