ご訪問いただきありがとうございます


任意売却の行政書士 安瀬法務事務所です。


 住宅ローンの返済ができなくったら、どうすればよいでしょうか。

 任意売却は、その場合の選択肢になりえます。自宅の競売を回避させるだけでなく、売却後のローンの返済も抑えられるからです。

 このページでは、任意売却に関する情報を提供しています。返済に問題のない方にもお読みいただきたいと思います。

 住宅ローンを延滞している人は少なくありません。さまざまな状況を検討したうえで組んだローンであっても、長い間には想定外のことが起ります。

 ローンの返済がなければ、銀行は債権を保証会社に譲渡しますが、そうなっては大変です。保証会社は、分割返済を認めません。

 分割返済もできない債務者に、一括返済を求めても到底無理ですが、それならばと保証会社は競売手続きに入ります。そこで出てくるのが任意売却です。

 任意売却とは、担保権の付いた自宅を債権者の承認をえて売却し、残っているローンを返済するということになります。

 任意売却ができれば競売は回避できますが、自宅を
手放すことになる点は同じです。このため、債権者との煩わしい接触がない分、競売の方がましだという人がいます。

 たしかに、債権者との対応には多少の煩わしさがありますが、それ以上のメリットがあるのですから、まずは任意売却を検討するのが賢明です。

 任意売却では、競売より高く売却できるのが一般ですから、残債務は少なくなります。それに、引越費用や売却手数料などを債権者が負担します。

 とりわけ大きいのは、残債務の無理のない返済計画が立てられることです。そのためには、債権者との話合いは避けて通れません。

 当事務所は、サービサーなどの経験と任意売却の実績で住宅ローンの返済ができない人を支援しています。



任意売却の相談と依頼は、下記へ。

042−674−5390

受付時間は、午前9時〜午後9時までです。

※  休日でもお受けします。
※  メールでの相談もどうぞ。
※ 相談はもちろん、任意売却の報酬等も一切、いただきません。

※  債務整理の相談はお受けできません。