東京・神奈川・埼玉・千葉の任意売却無料相談なら

任意売却専門の行政書士 安瀬英機

お気軽にお問合せ・ご相談ください

042-674-5390
受付時間
9:00~20:00 土・日も対応可能
住宅ローン返済のお悩みなら任意売却専門の行政書士が解決します。
 

こんなお悩みはありませんか

  • 住宅ローンが返済できなくなった、どうしよう
  • ローンを延滞していると、どうなるのだろう
  • 税金滞納で差押えられた、どうしたらいいのか
  • 自宅売却でローンを返済したいが、売却費用がない
  • 競売申立を取下げさせたいが、方法はないだろうか

任意売却専門の安瀬英機にご相談ください。


住宅ローンの返済でお悩みでしたら、お一人で悩まず任意売却専門の行政書士安瀬英機にご相談ください。

ご納得のいく解決策をご提示いたします。

住宅ローンを延滞すると自宅の競売は避けられません。しかし、競売になると自宅は安い価格で売却され、多額のローンが残ってしまいます。それでは売却後も支払請求に追われて、生活の立て直が難しくなります。

競売を回避するため、 任意売却を考えなければなりません。

任意売却を選択すれば、高い価格で自宅が売却できるため、住宅ローンの残高を減らせます。そのうえ、残ったローンも少額の分割返済にでき生活再建がしやすくなります。条件によっては親子間の売買などで自宅を残すことも可能です。

私には、12年以上にわたり北海道から沖縄まで100人を超す方の任意売却を支援してきた経験と培ったノウハウがあります。

何かと不安があるとは思いますが、まずはご連絡をいただければと存じます。ご相談は、ご希望の時間と場所で対応できます。全力でサポートします。

売却に必要な費用のご心配はいりません。

任意売却の出張相談 

東京都内及び神奈川、千葉、埼玉の東京隣接地域の方には出張相談もできます。
相談料・出張費などは、一切いただきません。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-674-5390

受付時間:9:00〜20:00  土曜・日曜も対応可能

行政書士安瀬英機の任意売却

 

12年の経験とノウハウでサポート

任意売却をするには、関係権利者の調整、担保権や差押えの解除など、一般の売買とは違った対応が求められるため、多くの経験とノウハウが欠かせません。

また、任意売却の最終目的は、単に物件を売却することではなく、生活再建にあります。そのためには、売却後に残るローンに適切に対処しなければなりませんが、ここでは債権債務の知識と経験が求められます。

私には、12年にわたり100人以上の任意売却をサポートした経験とサービサーで培った債権管理のノウハウがあります。

最初から最後までマンツーマンで対応

住宅ローンを延滞している方は、それぞれ事情を異にする不安や悩みを抱えているため、任意売却するには依頼者の立場に立った、きめ細かな対応が欠かせません。

そのためには、数字が優先する任意売却ではなく、一人ひとりに寄り添うマンツーマンの任意売却が何よりも重視される必要があります。

私は、不動産会社と連携して行うため、売主と関係権利者の対応に専念した任意売却ができます。しかし、相談から残債務の対処までを私一人がマンツウーマンで行うためには、月に1~2人の受け入れが限度です。

 

売却費用の持ち出しのない任意売却


任意売却といっても物件の売却であることに変わりませんから、売却費用はかかります。しかし住宅ローンを延滞している方に、その費用を求めるのは無理です。

そのため、債権者に負担を求めざるをえませんが、任意売却で競売以上の回収ができる債権者ですから協力できないはずはありません。問題は、どこまで売主の負担をゼロにできるかです。


私は、12年以上にわたる任意売却の経験とノウハウを駆使して、売却費用の持ち出しのない任意売却を行うことができます。売却費用のご心配はいりません。
 

 

任意売却のサポート事例



任意売却専門の行政書士安瀬英機がサポートした事例の一部を紹介します。

1970万円の残債務を100万円に減額

      サービサーに譲渡された債権

銀行が任意売却を断念し、債権回収会社(サービサー)に売却した残債権1970万円を、100万円に減額した事例です。

 

サービサーの提示案は、4000万円(ローン残5970万円)での自宅の買付と、次の債務弁済契約の締結でした。

①残元金1970万円の弁済として300万円を支払う。②毎月1万円を5年間支払うものとし最終月に240万円を支払う。③約定通り弁済した場合は、利息、遅延損害金は請求はしない。

売主の意向をそれなりに配慮した提案でしたが、300万円はとても払えません。そこで話合いを重ねた結果、最終的には次の契約にりました。もう少し頑張れる余地もありましたが、最後は早期解決を望む依頼者の意向です。

①残元金1970万円の弁済として100万円を支払う。②毎月2千円を5年間支払うものとし、最終月に88万円を支払う。③約定通り弁済した弁場合は、利息、遅延損害金は請求はしない。④最終月の返済については、債務者の申出に誠実に対応する。

 

債務者は、任意売却後も残ったローンの請求に追われます。しかしこの事例では、債権の譲受人であるサービサーと債務弁済契約を結んだことで、残債務の返済問題も解決できました。残債権のサービサーへの譲渡を恐れる必要はありません。    

競売申立を取下げさせて自宅を維持 

    親子間の任意売買

住宅ローンは建物所有者の長男で、海外永住の父親が保証人として敷地に抵当権を設定していました。父親は事情があり土地を手放せません。そこで親子の任意売却で自宅を残したのがこの事例です。


競売手続きは既に開始されていましたが、父親によると「債権者には競売の取下げに応じない。物件を買取る資金の用意はある」とのことでした。

裁判所に確認すると、開札は2月になるとのことであり取下げの時間はまだ3か月あります。

依頼を受け早速、任意売却の準備に入りました。裁判所の評価書を取寄せ、仲介業者に査定書の作成を依頼し、売却代金の配分案を作成しました。あわせて家族の中で購入者を決めていただきました。

12月に入り、債権者との話合いを始めましたが、裁判所の評価額に近い売却価格ですから特に問題はありません。最終的には提示額に若干の価格を上乗せして任意売却の承認を取り付け、自宅を維持することができました。

 

任意売却で自宅を残したいという人は少なくありません。売却価格が相当であれば債権者に応じない理由はありませんが、ネックになるのが購入資金の調達です。親子売買では原則として住宅ローンが利用できません。

    破産前の任意売却

依頼者は、債務をすべてリセットして再度の事業の起ち上げを目指していましたが、自己破産をする費用がありません。そこで費用の問題を任意売却で解決したのがこの事例です。

 

自己破産するには、裁判所の手続費用や代理人の報酬のほか、転居費などの費用も必要になりますが、その費用がなく苦悩している人が少なくありません。

しかしこうした費用の問題は、自己破産前の任意売却で解決することが可能です。任意売却で自宅を売却すれば、裁判所の予納金や代理人の報酬が抑えられ、引越費用などは債権者が負担してくれます。それに売却価格によっては手元に現金を残すこともできます。任意売却を無事終えた依頼者は、その後自己破産を申立て免責をえて、事業の再建に奮闘しています。
 

任意売却をしても自己破産する必要はありませんが、事例のように事業再建を目指すような方にとっては、自己破産の選択もやむをえません。私の場合、こうしたケースでは弁護士と連携しながら任意売却を進めます。

行政書士安瀬英機のごあいさつ

任意売却専門の行政書士安瀬英機です。このたびは、ホームページにご訪問いただきありがとうございます。

任意売却専門の行政書士として12年

私は、行政書士として12年以上にわたり任意売却を専門に業務を行っています。

この間、北海道から沖縄まで100人以上の住宅ローンの返済に悩む人をサポートしてきました。任意売却は、住宅ローンの負担を減らし生活再建を容易にすることが目的ですから、自宅を売却しただけでは終りません。

任意売却は、一般の売却とは違い、債務者が抱えるさまざまな事情を踏まえながら権利者との調整を進め、また売却後に残るローンにも対処しなければなりません。

私は、これまでの任意売却で培ってきた経験とノウハウをを生かして、住宅ローンに悩む方を全力でサポートします。

住宅ローンの返済に悩んでいる方の生活再建を支援したい

住宅ローンの延滞を余儀なくされている方は、「来月の返済をどうしよう」「このまま延滞を続けると自宅はどうなるのだろう」「競売開始通知がきてしまった」・・・こうした不安や悩みに苛まれながら過ごされています。

長期のローンですから、事業不振、離婚、病気、離職など想定外の事情で返済が困難になることがあります。

「終の棲家にと頑張ってきたが高齢のうえ事業の不振でもう限界だ」「親戚の土地は値上がりするの話に乗ってしまったが、あのとき買わなければと悔やまれる」など、任意売却をする方の事情は様々ですが一人で悩み頑張ってきた方ばかりです。

私は、このような方の気持ちに寄り添い、生活再建を支援したいという思いで任意売却のサポートを続けています。ある任意売却の決済の帰り道、依頼者が「自宅は失ったが、明日からはローンを心配しない生活ができる」と笑顔で話してくれましたが、そんな話を聞くたびに、任意売却を支援してきて良かったと思います。

これからも、住宅ローンに悩む多くの方が再び希望に満ちた生活ができるよう全力でサポートしていきます。


任意売却との関わりと、不動産会社と連携する任意売却


最後に、私がなぜ、任意売却のサポートをするようになったか、どのようにして任意売却をするのかについて少し触れさせていただきます。

私は、退職後、ある大手金融会社のサービサーに関わる機会がありました。そこで初めて任意売却の意味を知り実務を経験したのですが、そうした中で、自分が債務者の立場に立って任意売却を支援できれば、住宅ローンに悩む多くの人を救済できると確信したのです。これが私の任意売却との関わりです。その後、サービサーでのノウハウを生かして任意売却専門の行政書士として業務を続け現在に至っています。

私は、宅建業者ではありませんし、宅建業をする気持ちもありません。そのため不動産仲介業者との協力と連携のもとに任意売却を行います。関係権利者と売主である債務者の対応の一切は私、物件の売却は業者と、それぞれが役割を分担し協力する連携チームによる任意売却です。こうした連携によって、単に物件の売却にとどまらない依頼者の立場に立っマンツーマンの任意売却を実現します。

まだまだ力不足の私ですが、住宅ローンの返済に悩む一人でも多くの方のお役に立っよう努力していきたいと思います。

私の略歴 

 東京都に入都し、その後38年間、自治体行政に携る。

 退職後、サービサーで債権管理の貴重な経験をする。

 平成19年 東京都行政書士会登録

 平成22年 宅地建物取引主任者

 任意売却を専門業務とする行政書士として現在に至る。

 中央大学法学部政治学科卒業

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

042-674-5390

受付時間 9:00~20:00             土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 

事務所紹介

住所

〒192-0375 東京都八王子市鑓水2丁目82番1-204

受付時間

9:00~20:00 土・日も対応可能
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

全国対応もをできます。