ご訪問いただきありがとうございます

任意売却の行政書士 安瀬法務事務所です。


住宅ローンの返済できなくったら、どうすればよいでしょうか。

任意売却は、その場合の選択肢になります。自宅の競売を回避できるだけでなく、売却後に残るローンも抑えられるのが任意売却です。

このページでは、任意売却に関する情報を提供しています。いま返済に問題ない方にも読んでいただければと思います。

住宅ローンを延滞している人は少なくありません。いろんな状況を想定し、そのうえで組んだローンであっても、長い間には想定外のことが起ります。

住宅ローンの返済がないと、銀行は債権を保証会社に譲渡しますが、そうなると大変です。保証会社は、ローンの分割返済を認めないからです。

分割返済ができない債務者に、一括返済を求めても到底無理ですが、返済しなければ保証会社は競売手続きに入ります。

任意売却とは、担保権の付いた自宅を債権者の承認をえて売却し、残っているローンを返済するということになります。

任意売却によって競売は回避できますが、自宅を
手放すことになる点では、どちらも同じです。このため債務者の中には、任意売却は煩わしいから競売で結構だ、という人もいます。

しかし、任意売却には競売にないメリットがあるのですから、住宅ーンの返済できなくなったらまず、任意売却を検討するのが賢明です。

競売よりも任意売却では、高い価格で売却できるため残債務は少なくなります。それに債権者は、引越費用や売却手数料などに配慮しますから、費用負担はありません。

何よりも意味があるのは、売却後のローンの返済計画が立てられることですが、そのためには任意売却を通して債権者との話し合いをすることが欠かせないのです。

いまの自宅の売却価格では残債務は避けられないですから、売却だけでは任意売却が終ったことにはなりません。そのためにも、債権者との良好な関係を維持しておくことが重要になります。

当事務所は、サービサーなどの経験と多くの任意売却の実績で住宅ローンの返済ができない人を支援しています。任意売却をお考えでしたら 、行政書士 安瀬法務事務所にご相談ください。

任意売却では、売却費用などの持出しは一切ありません。


任意売却の相談と依頼は

042−674−5390

受付時間  午前9時〜午後9時

※  お急ぎの場合は休日もお受けします。
※  債務整理の相談はお受けできません。