ご訪問いただきありがとうございます


 任意売却の行政書士 安瀬法務事務所です。

  
 事情があって、住宅ローンの返済ができなくったら、どうすればよいでしょうか。

 その場合の選択肢の一つになりうるのが任意売却です。

 住宅ローンを延滞している人は少なくありません。いろいろ検討して組んだローンであっても、長い間には想定外のことが起こります。

 ローンを延滞すると銀行は、債権を保証会社に譲渡し残債務の補填を受けますが、そうなっては大変です。保証会社は分割返済を認めません。

 多額のローンの一括返済などとてもできませんが、それならばと保証会社は競売手続に入ります。ここで登場するのが任意売却です。

 任意売却とは、担保権の付いた自宅を債権者の承認をえて売却し、残っているローンを返済することですが、そこにはいろんなメリットがあります。

 まず、精神的ダメージの大きい競売を任意売却によって回避することができますが、それだけではありません。


 任意売却では、自宅を競売よりも高く売却できますから、当然ですが残債務を少なくできます。それに、引越費用や仲介手数料などの売却費用の一定額を債権者が負担します。

 とりわけ大きなメリットは、今後の生活設計が可能となる残債務の返済計画が立てられることです。

 現在の不動産価格では、競売はもちろん、任意売却でも住宅ローンは残ることになりますから、売却後も債権者の返済請求は続きます。

 住宅ローンの返済が困難になった場合は、任意売却を検討していただきたいと思います。

 当事務所は、サービサーなどの経験と数多くの任意売却の実績で、住宅ローンの返済が困難になった人を支援できます。

 最後に、安瀬法務事務所は、行政書士事務所として「相続・遺言の手続」「許認可申請手続の代理」「各種法律書類の相談・作成」などのサポートもします。お気軽にご相談ください。


 任意売却の相談と依頼は行政書士 安瀬法務事務所へ。

 TEL 042−674−5390
 mail    a.houmu@ttv.ne.jp

 受付時間は、平日の午前9時〜午後9時です。

 ※  お急ぎの場合は、休日でもお受けします。
 ※  メールでの相談もお受けします。
 ※ 債務整理の依頼と相談は、お受けできません。